新着情報

2016/08/17「研修紹介」TPSトレーニング実施(2/2)

TPSトレーニング実施(2/2)

前回は、第一回目の座学中心のトレーニングをレポートしましたが、今回はその1ヶ月後の現場実践トレーニングをレポートします。

 

<第二回目>

4日間の現場実践トレーニングでは、前半にTPS概論(ライン改善とかんばんシステム)を勉強し、そこで学んだ知識も持って自分達の現場を評価し、改善点を見つけ、改善するという内容です。しかし、通常生産がされている中での改善活動なので、計画ではライを止めないレベルの軽い改善を実施し、大きな改善はアイデアを出して後日、ラインを止められる時に進めてもらうというものでした。

チームは2チームつくりました。

  1. つくりチーム(ライン改善) ②仕組みチーム(かんばんシステム)

 

つくりチームの改善内容

多くの仕掛在庫の中で14名の作業者がそれぞれ自由な作業のやり方で毎日22~23時まで残業をしていたが、メンバーの改善により、作業順番を決め、工程分割し、標準作業をつくり、ライン化をしてタクトタイム生産をするようにした。

その結果、同じ生産台数を9名の作業者で17時に作業が終わるという効果を絞り出しました。

生産性、272%向上!

 

仕組みチームの改善内容

倉庫→機械加工→仕上げ→洗浄→倉庫→組立、という工程の中でかんばんシステムを構築し、仕掛在庫がかんばんシステムでコントロールでき、組立に同期した機械加工の仕組みとした。

 

1日目

・TPS概論(ライン改善)

・現場評価(自分達の現場を評価し、改善点を見つける)

2日目

・TPS概論(かんばんシステム)

・改善活動の進め方

3日目

・ライン改善+かんばんシステム構築

 

4日目

・ライン改善+かんばんシステム構築

・修了式

新着情報一覧へ戻る

ページトップへ戻る